税理士 小林誉光事務所は、杉並区荻窪の税理士事務所です。

配当所得

配当所得(株式配当など)

配当等に対する課税は次のとおりです。

上場株式等

総合課税(配当控除あり)と分離課税(配当控除なし)を選択して申告します。
配当等の金額が小額の場合は申告しないことも選択できます。
申告分離を選択した場合は上場株式等の譲渡損との損益通算ができます。
また、平成22年より、源泉徴収口座内での損益通算が可能です。
※平成24年からは、非課税口座内の小額上場株式等の配当・譲渡の非課税措置があります。

平成22年・平成23年の申告分離の税率

配当等×10%(所得税7% 住民税3%)

平成24年以降の申告分離の税率

配当等×20%(所得税15% 住民税5%)

上場株式等以外

総合課税(配当控除あり)のみで原則として確定申告が必要です。
配当等×20%(所得税)が源泉徴収されます。

計算方法

収入金額-株式などを取得するための借入金の利子

※確定申告する場合は、「配当等に係る支払通知書」の添付が必要です。
まずは初回無料相談(30分)をご利用ください!TEL:03-3391-1044

まずは初回無料相談(30分)を
ご利用ください!

03-3391-1044
お問い合わせ
ページ上部へ
© 2009-2018 Tax Accountant Takamistu Kobayashi Office.