税理士 小林誉光事務所は、杉並区荻窪の税理士事務所です。

山中湖のKABAバス

2019.05

山中湖のKABAバス

今回は、山中湖の水陸両用バス「KABAバス」をご紹介します。 場所は、高速バスも停車する山中湖の「旭ヶ丘バスターミナル」です。 目の前が山中湖の湖畔で、新宿からの直通の高速バスや、河口湖や御殿場からの路線バスも停車するため、アクセスしやすい場所にあります。
水陸両用バスは、全国にいくつかありますが、富士山が目の前に大きく見える場所はここだけです。 山中湖のKABAバスは2種類あり、「前方の窓ガラスの部分」と「乗車する階段の位置」が違います。 私が乗車したのは2号車。窓ガラスが平らな一枚窓で、後方から乗車するタイプでした。
集合場所で、説明VTRを見た後、車両の後方から少し急な階段をのぼり、指定された席に乗車します。 船にもなる「KABAバス」は、通常のバスよりも高い位置に座席があり、眺望は最高です。 シートにプリントされた「青いカバ」もとてもかわいいデザインでした。 乗車後に簡単な説明の後、出発!! 出発の「水しぶきの演出」もワクワク感を高めてくれます。
バスはほどなく山中湖の湖畔に到着し、湖へダイブ!! 大きな水しぶきとともに、バスは船に変わって、山中湖をゆっくり進んでいきます。 この日は、雲がかかっていましたが、KABAバスから富士山を見ることができました。 バスを降車後、山中湖畔の「KABAバスがDIVEする場所」へ撮影に行きました。 こうした楽しみ方ができるのもこのバスの特徴かなと感じました。
山中湖で家族と楽しい思い出を作ることができました。 遊覧船とは違う、ちょっとした冒険気分が味わえますので、皆さんもよければ訪れてみてください。
まずは初回無料相談(30分)をご利用ください!TEL:03-3391-1044

まずは初回無料相談(30分)を
ご利用ください!

03-3391-1044
お問い合わせ
ページ上部へ
© 2009-2019 Tax Accountant Takamistu Kobayashi Office.