税理士 小林誉光事務所は、杉並区荻窪の税理士事務所です。

消費税の算出の仕方

消費税の算出の仕方

消費税は、課税売上げに係る消費税額から、課税仕入れ等に係る消費税額を控除して計算します。

消費税(国税)の計算

原則(一般課税)

課税期間における課税売上げに係る消費税額から、課税仕入れ等に係る消費税額を控除して、納付する消費税額を計算します。

注1:課税売上高は、消費税と地方消費税に相当する金額を除いた金額(税抜き)です。

課税仕入れ等に係る消費税額を控除するには、帳簿及び請求書等の保存が必要です。

簡易な計算方法(簡易課税制度)

課税期間における課税売上げに係る消費税額に、事業区分に応じた一定の「みなし仕入率」を掛けた金額を課税仕入れ等に係る消費税額とみなして、納付する消費税額を計算します。

みなし仕入率
第1種事業(卸売業) 90%
第2種事業(小売業) 80%
第3種事業(製造業等) 農林・漁業、建築業、製造業など 70%
第4種事業(その他) 飲食店業、金融・保険業など 60%
第5種事業(サービス業等) 運輸・通信業、不動産業、サービス業 50%

注2:2種類以上の事業を営んでいる場合は、原則として、課税売上高を事業の種類ごとに区分し、それぞれの事業区分ごとの課税売上高に係る消費税にみなし仕入率を掛けて計算します。

この制度は、基準期間の課税売上高が5,000万円以下の事業者が、事前に届出書を提出している場合に選択できます。

地方消費税の計算

まずは初回無料相談(30分)をご利用ください!TEL:03-3391-1044

まずは初回無料相談(30分)を
ご利用ください!

03-3391-1044
お問い合わせ
ページ上部へ
© 2009-2019 Tax Accountant Takamistu Kobayashi Office.