税理士 小林誉光事務所は、杉並区荻窪の税理士事務所です。

退職所得

退職所得(退職金・一時恩給など)

勤務先を退職する際に一時に受け取る退職金(小規模共済の共済金を含む)、一時恩給などを退職所得といいます。長年の功労について一時に課税されるため、他の所得とは別に計算し、税額が軽減されています。

計算方法

退職所得金額=(退職金の収入金額-退職所得控除額)×½

退職所得控除額は勤続年数によって、次のようになります。

勤続年数 退職所得控除額
20年以下の場合 40万円×勤続年数(80万円未満のときは80万円)
20年を超える場合 800万円+{70万円×(勤続年数-20年)}
※勤続年数は1年未満の端数を切り上げて計算します。 ※障害者になったことが原因で退職した場合は、100万円を加算します。

計算例

勤続年数 30年、退職金 2,000万円の場合

{ 2,000万円 -(800万円+70万円×10年)}×½=250万円

退職の日までに、勤務先に「退職所得の受給に関する申告書」を提出すると、退職金から所得税と住民税が源泉(特別)徴収されて納税が終了します。

「受給申告書」を提出しなかった場合は、支給のとき一律20%の所得税が徴収され、この税額の精算は確定申告で行います。

まずは初回無料相談(30分)をご利用ください!TEL:03-3391-1044

まずは初回無料相談(30分)を
ご利用ください!

03-3391-1044
お問い合わせ
ページ上部へ
© 2009-2019 Tax Accountant Takamistu Kobayashi Office.